t/Tのパワフルハーブティー

可笑しなもん、君に見せてやるんだ。

MENU

ガマくんとカグヤくん

f:id:girahim3:20161227025643j:plain

テッカグヤ強い。

無数に型があり、読めないどころか筆者がレートで遭遇するとまず"そんな型もあるのか…"と驚くところから始まるレヴェル。今日は鉄壁根をはる型と遭遇。

鉢巻から攻撃技を持たない型まで、数が多すぎるので紹介は割愛するが、こんな奴はポケモン対戦の歴史を見ても他にいないだろう。そのうち襷岩封とか出てきそう。

カグヤが現在シーズン1環境で幅を利かせている理由として、上から縛れる電気タイプが少ないことが挙げられる。例えばバシャリザガモスやライコウが解禁されれば今よりはほとんどの型が動きづらくなることだろう。特に地震も無効の電気タイプ、ロトムやサンダー、ボルトロスの相手をするのは難しい。

まあここで本題だが、このテッカグヤガマゲロゲとの相性がとても良い。先程の電気タイプは軒並み役割対象である。互いの弱点を補完しておりゲロゲが貯水なら霊悪氷闘以外は半減以下に抑えられる。

惜しまれつつも引退したファイアロー氏に代わる新たなゲロゲの相棒として筆者の中での期待度が高い。

この二匹の並びを作る際々上手くまとまっているゲロゲの型を崩すよりはカスタマイズ性の高いカグヤをゲロゲに合わせる方向で調整した方がいいと思い、ゲロゲに合うテッカグヤの型を今回は考察してみた。

(ゲロゲは未解禁、そのため本育成論は騎乗論になります)

 

❶残飯毒まもみがゲロゲの相方

f:id:girahim3:20161228021003g:plain

第六世代初期に某カイリキストが使って有名になった型。第六世代のゲロゲはほとんどこれだった。ゴツメアローとサイクルを回しながら定数ダメを稼ぐ。

 

無断リンクお許しください!

 

サイクルを回すPTに組み込むこと、ターンを稼いで定数ダメージで制すること、残飯がゲロゲに取られていることを考慮し次のようなテッカグヤを育成した。

 

f:id:girahim3:20161228045203j:plain

 テッカグヤ@メトロノーム

意地 201(228)-168(252)-123-×-121-81(28)

特性:ビーストブースト(A上昇)

技:ヘビーボンバー/そらをとぶ/地震/宿り木の種

 

H:201 (地球投げ4耐え)
A:特化
S:4振りテッカグヤ抜きジバコイル抜き

 

f:id:girahim3:20161228052027g:plainカグヤってメトロに似てない?初めて見た時それにしか見えなかった。

 

結構大真面目に考えた子。

メトロノームとは同じ技を連続して使う度に威力が0.2倍ずつ上がっていくという道具。空を飛ぶなどの溜め技の場合は初回のみ貯めのターンも連続使用としてカウントされ、1発目で1.2倍の威力で撃てる。

腕白HBマッシブーンが1.2倍以上の補正を掛けないと落とせなく、大空プレート(鋭い嘴)だと他の技に補正が乗らない、も弱点を突くより等倍相手に撃つことの多いメインウェポンのヘビーボンバーに乗りづらいのでメトロノームを採用した。

これで無振りメガマンダがヘビーボンバーで高乱数2発で落とせるようになり、竜舞羽休めで起点にしてくるH振りにも3発目から羽休めの回復量を上回るので宿り木も合わせて完全に詰むという状況にはなりにくい。

空を飛ぶ宿り木のターン稼ぎもできる2つ目のメインウェポン。飛行技はゲロゲの苦手なタネマシンガン持ちに刺さる。守るバシャに完封されるのは触れてはいけない。Sが遅いので中々難しいがZワザを避けるという芸当も。噂のデンキZテテフに素の必中雷で飛ばされたらBV保存します。

地震は空を飛ぶを受けにくる電気鋼岩に刺さる信頼のサブウェポン。残飯ゲロゲに地面技を採用しなければ範囲も被らない。

宿り木の種は空を飛ぶやサイクル戦との相性もいいダメージソース兼回復ソース。

技を撃ち分けたいが常に弱点を突けなく耐久も削りたくない、空を飛ぶが一致で撃てて地震も宿り木もある。カグヤはメトロノームを有効に活かせる数少ないポケモンだと思う。

 

毒手みががむゲロゲの相方

f:id:girahim3:20161008114231g:plain

第六世代中期にt/Tという人が編み出した型。下のリンクの記事を810回読んだ後114514回トゥイッターで呟くこと。

 

一回でも読んで頂ければ嬉しい限りです(^-^)

 

新環境にこいつ滅茶苦茶刺さってる。天敵のガルーラが落ち着き、テッカグヤは草技を持っていようが負けないし、亜ガラガラにもコケコにも強い。上の記事で解説しているがイーブイバトンみたいなのにも強い。そしてブルルやテテフみたいなパワー馬鹿を”いなす”ことこそがこのゲロゲが最も得意とすることミミッキュには触れないで。

 

ゲロゲがみががむで残したHPを上から落としてビーストブーストを掛けてそのまま裏も処理という動きができるようにした。

 

f:id:girahim3:20161228170337j:plain

テッカグヤこだわりスカーフ

臆病 173(4)-108-123-159(252)-121-124(252)

特性:ビーストブースト(C上昇)

技:エアスラッシュ/大文字/めざめるパワー氷/ヘビーボンバー

S:一舞準速メガバンギ最速エルフーン+2

 

火力調整先

H252メガマンダにめざ氷+羽休めめざ氷

67.3%〜79.2%+33.6%〜39.6%

D4メガルカリオ大文字

100.6%〜118.6%
無振りテテフにヘビーボンバー

107.5%〜128.2%

 

上のダメ計で分かってもらえるかと思うが、CS極振りなのは決して思考停止ではなくぶっぱしないとギリギリだからである。本当は耐久に振りたい。

 

対面性能とテロ性能の高い最速スカーフ。

耐久に振っていないものの大抵の等倍技や役割破壊の大文字程度なら余裕で耐える。ゲンガーのシャドボくらいなら確定3発。

耐えられるということは当然上からのエアスラッシュの試行回数も増えるので怯みゲーに持ち込める。

岩電鋼勢をゲロゲの地震で処理及びみががむで弱らせれば、エアスラッシュの通りの良さも際立つはずだ。

型の豊富さからスカーフがバレにくいので、みががむで残った少ないHPの餌が逃げずに美味しく頂ける。一度ブーストが掛かれば足りなかった火力が補強され、ガブリアスめざ氷で確定1、H振りメガバシャもエアスラで確定1になる。

鋼技はメガサナやテテフをびっくりさせたる為にヘビーボンバーを採用。下降補正が掛かってもラスカノより火力が出る。

 

まとめ

テッカグヤのカスタマイズ性には驚いた。もっとたくさん考えたい。

新年になると日常でも門松を目にする機会も多くなりますね。みなさん良いお年を。