t/Tのパワフルハーブティー

可笑しなもん、君に見せてやるんだ。

身代わり剣舞ジュナイパー【対受けル】

f:id:girahim3:20190128073428p:image

ジュナイパー@ジュナイパーZ

性格:意地っ張り

努力値:A220 B60 S228

実数値:153-170-103-×-120-119

特性:新緑

リーフブレード/影縫い/剣の舞/身代わり

調整先

HB:A116グライオンの地震を身代わりが最高乱数切り耐え(〜24.8%)

A:↑2シャドーアローストライクでHB特化テッカグヤが確定(100.0%〜)

S:無振りミミッキュ+3(ABミミッキュ、HDグライオン、遅いレヒレを意識)

 

解説f:id:girahim3:20190128202753p:plain

受けループ、バナカグヤ、グライドヒド、カビムドー等への崩し枠として育成した子。

身代わりで補助技や熱湯火傷を防ぎ、剣の舞からの高火力専用Zで薙ぎ払う。

専用技影縫いの交代禁止効果身代わりを残しやすい優秀な耐性身代わりとの相性の良い特性新緑がポイント。

 

対受けループ

ドヒドやグライ、ラッキーに対して身代わりを残し剣の舞を積んでいく。

f:id:girahim3:20180313084108p:plainドヒドイデの熱湯は身代わりが2耐え

f:id:girahim3:20180312234605p:plainA4振りグライオンの地震を身代わりが最高乱数切り耐え(〜24.8%),ギロチン無効

f:id:girahim3:20180313084003p:plainラッキーは地球投げ無効

一度積めれば専用Zでムドーやバレル、リフブレでバンギを飛ばすことが出来る。

f:id:girahim3:20181104010217p:plain特化ムドーに↑2ジュナZでステロ込み確定1(94.7%〜)

f:id:girahim3:20180313081949p:plain特化モロバレルに↑2ジュナZが確定1(115.8%〜)

f:id:girahim3:20170724005607p:plainH252バンギに↑2リフブレが確定1(128.5%~)

ヤドランやヌオーにはタイプ相性で勝る

f:id:girahim3:20180710123933p:plainHB特化メガヤドランにリーフブレード(33.6%〜)+ジュナZ(66.3%〜)が確定1、【影縫い→ジュナZ】も9割近い乱数で落ちる。

f:id:girahim3:20190128111400p:plainヌオーはダメ計するまでもなし

 

身代わりが残っていればゲンガーにも勝て、身代わりが残せていなくてもゴーストタイプなので影踏みでキャッチされないf:id:girahim3:20180312224251p:plain

 

影縫いの交代不能効果で再生力での受け回しが出来ない点と、リーフブレードの急所率、新緑での火力上昇があることから粘り負けることはほぼ無い。

こちらより速い毒グライオンとドヒドイデの毒菱やトーチカ、ゲンガーの道連れが少し厄介。

 

対バナカグヤ

宿り木の種や眠り粉が無効。Z技が一貫。

f:id:girahim3:20180511073422p:plainHB特化メガフシギバナへの↑2ジュナZが75%の高乱数1(96.2%〜)

f:id:girahim3:20180312230733p:plainHB特化テッカグヤへの↑2ジュナZが確定1(100.0%〜)

ヤドランやカビゴンと組まれていることも多く、構築単位で強く出れる。

 

その他

優秀な耐性

ノーマル地面技のみのカビゴン、キノガッサ、カプ・コケコ、ランドロス、水ロトムに強い。

f:id:girahim3:20180312231959p:plainf:id:girahim3:20180313133221p:plainf:id:girahim3:20180312223805p:plainf:id:girahim3:20180312223558p:plainf:id:girahim3:20180312223728p:plain

草霊の技範囲と高い火力

広い範囲を等倍に出来るの技範囲を持つ。草は身代わりでのHP調整から新緑で、霊は専用Zで火力を上げることが出来る。

特に専用Zは特化ガルドのシャドクロZに匹敵し、グロスやガルド、無振りジャローダ程度なら一撃で落とす火力が出る。

f:id:girahim3:20180312231537p:plainHB弱保ガルドへのジュナZが75%の高乱数1

f:id:girahim3:20180312231813p:plain特化ナットレイへの↑2ジュナZが68.7%の高乱数1

激戦区を抜けたS

地味な激戦区、無振り85〜96族辺り(f:id:girahim3:20180312230801p:plainf:id:girahim3:20180312223728p:plainf:id:girahim3:20180312223703p:plainf:id:girahim3:20180312225143p:plainf:id:girahim3:20180312231747p:plainf:id:girahim3:20180820184742p:plainf:id:girahim3:20180312223558p:plainf:id:girahim3:20180313113102p:plainf:id:girahim3:20180312234605p:plainf:id:girahim3:20181130083602p:plain)を抜いている。身代わりと影打ちを耐えるHPが残っていればABミミッキュにも勝てる。

 

特殊型についてf:id:girahim3:20190128202817p:plain

ジュナイパーは悪巧みも覚え、AとCの種族値が殆ど変わらない為、この型の特殊版【控えめ@ゴーストZ エナボ/シャドボ/悪巧み/身代わり】という型も十分可能性がある。

特殊型のメリットとデメリットは

メリット

  • エアームドやヤドランを積まなくても一撃で落とせる。
  • ゴツメやトーチカが怖くない。
  • イカサマが痛くないのでモロバレルも起点に出来る。
  • 威嚇の影響を受けない。

デメリット

  • Zの威力が低くHDに厚いバナカグヤを1積みZで落とせない。
  • 影縫いによる交代不能効果がない。
  • 1積みだとバンギラスを落とせない。

今回は対バナカグヤ性能を意識したので物理型をメインとしたが、それぞれにメリットデメリットがあるので採用するPTに合わせて選ぶと良い。

 

あとがき

崩しに特化させたジュナイパーの紹介でした。

ジュナイパーはガオガエンやアシレーヌと比べると使用率が控えめなので頑張ってほしいですね。

何か参考になるものがあれば幸いです。